多汗症 ボトックス注射

MENU

多汗症にボトックス注射は有効か?

 

 

最近、顔面多汗症の治療法として人気が高いのはボトックス注射です。

 

メスを使わないで済むところが人気の理由となっています。

 

 

ボトックス注射によりポツリヌス菌を利用してアポクリン汗腺やエクリン汗腺の働きを抑えるのです。

 

一般的にボトックス注射の効果は2.3日後から汗が減りはじめ半年ほど効きます。

 

 

繰り返し注射することにより持続効果が長くなったり、半永久的に続くこともあります。

 

さらに人によっては一度のボトックス注射だけで人前で汗をかかなくなったことにより
自信がつき2度目が不要になる場合もあるほど効果が期待できるのです。

 

 

ただしボトックス注射は健康保険の適用対象外なので費用が平均10万円前後と高額になってしまいます。

 

さらに注射の時に強い痛みを伴うので、痛みに弱い方は
局部麻酔をしてもらうなどお医師さんと相談して行う必要があります。

 

 

またボトックス注射には筋肉を麻痺させる作用があるので、
たまに筋力低下やしびれや倦怠感などの副作用を伴うことがあります。

 

なので顔面多汗症治療におけるボトックス注射は副作用についての説明をきちんと行い、
もし副作用が出た時の対処方法を事前に教えてくれるなど経験が豊富で評判の良い医療機関を探す必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ