手汗 原因

MENU

手汗の原因ってなに?

 

 

「ペンを持っていても汗で滑っちゃう…」

 

「運動してるわけじゃないのに手汗がヒドイ…」

 

「そもそも手汗の原因ってなに?」

 

 

 

人間は汗をかくことで体内の温度を調節する機能を持っているので、緊張して体が火照ったり、暑かったり、刺激物などを食べて体温が上がると手から汗をかくこともあります。

 

他にも、ストレスや肥満、自律神経の乱れなども手汗の原因と言われています。

 

 

しかし、汗腺は全身にあるので健康な状態であれば、手だけに異常な汗をかくことはほとんどありません。

 

それに原因がわかっていて、一時的に手汗をかくというぐらいなら特に問題はないはずです。

 

 

でも、ペンを持っても汗ですべる、お箸などが持ちづらいなど日常生活に支障が出るぐらい手汗をかいてしまう場合は、ホルモンバランスの乱れや病気などが関係している可能性があります。

 

特に緊張したり運動したりしているわけでもないのに手だけに大量の汗をかくというのは、手掌多汗症という病気かもしれません。

 

 

 

 

手汗は手掌多汗症という病気なの?

 

 

 

手掌多汗症の原因はまだ解明されていませんが、一節では交感神経の働きに異常があると言われています。

 

交感神経というのは、緊張やストレスなど精神症状によって活発になったり、アクティブに動いたりする時に優位になる神経です。

 

 

正常な状態であれば、このような状態じゃない限り交感神経が働くことはないのですが、何らかの要因によって常に働きすぎてしまうことが手掌多汗症の原因と考えられています。

 

さらに、手汗が出るとそれを気にしてストレスが溜まったり、人目を気にして緊張することも多いため、そのせいで交感神経が刺激されて余計に手汗をかきやすくなるという悪循環も起こります。

 

 

手掌多汗症は症状によって対策法が異なります。

 

手のひらが常に汗で湿っている、少し濡れているような状態が多いという場合は自分で対策を取ることができます。

 

 

ですが、汗がしたたるぐらい出てしまうという場合は、セルフケアに加えて病院での治療が必要かもしれません。

 

手汗ぐらいで病院にいくなんて大げさと思うかもしれませんが、日常生活に支障が出る場合は早めに診察してもらいましょう。

 

 

 

このページの先頭へ